マンションでグループホーム、ダメですか 地裁で裁判


 住宅以外の使用を禁じる管理規約があるマンションの部屋を、障害者のグループホーム(GH)に使うことはできるのか。この点が争われる裁判が大阪地裁で始まり、8日に第1回口頭弁論があった。「GHは事業」と使用禁止を求める管理組合に対し、GHを運営する社会福祉法人は「GHは共同生活を営む住居」と主張している。

 訴状や社会福祉法人によると、マンションは大阪市内にある15階建ての分譲タイプ(住戸約250室)。法人は2室(3LDK)を借り、2009年以降、知的障害のある40〜60代の女性6人が支援を受けながら暮らしてきた。6人は住民票も置いているという。

 管理組合は16年6月、「管理規約に反する」として、部屋をGHとして使わないよう法人に要請。同11月にはGHへの使用禁止が管理規約に盛り込まれた。その後の民事調停も不調に終わり、組合は今年6月、法人に使用禁止と違約金約85万円を求めて提訴した。

 法人は「障害者と地域の共生を妨げる」とし、障害者差別解消法に反するとも主張。一方、組合の代理人弁護士は「障害者の排除が目的ではない。営利・非営利問わず、法人が入居者を募って事業を行うことが問題」としている。

全国で3割、大阪で7割が共同住宅

 GHは障害者総合支援法に基づき、障害者が食事や入浴など日常生活の支援を受け、共同生活を送っている。このGHもスタッフが寝泊まりし、入居者は日中は作業所で働き、夕方に帰宅する。休日は地域の美容院に行き、誕生日にみんなでカラオケに行くこともある。

 厚生労働省の事業に基づく日本グループホーム学会の調査(2012年度)では、全国のGHの約3割がマンションなどの共同住宅にあった。14年の大阪府・市の調査では、府内のGH1245戸のうち839戸(67・4%)が共同住宅内だった。都市部では共同住宅内のGHは多く、各地で同様のトラブルがあると指摘する専門家もいる。

 立命館大学生存学研究センターの長瀬修教授(障害学)は、国の障害者施策が「施設から地域へ」を目指している点を踏まえ、「共同住宅の住人とGHが建設的に対話できる環境づくりを、行政は進めるべきだ」と話す。(大貫聡子、山田佳奈)



(「朝日新聞デジタル」2018年8月8日11時59分)

 学生時代に「障碍者の人権」に関する講義で以下のような話を聞いたことがあります。(古い記憶なので忘れた部分は自分で作りながらではありますが・・・)
 空き地で草野球をしている少年たちのところへ松葉杖をついた少年がやってきて「自分も野球をしたいと申し出て来た。少年たちは戸惑いながらも松葉杖の少年を仲間に入れるために話し合う。守備は難しいのでまずは打者なら何とかなるのではということで指名打者扱いにし、身体を支えるために片手でしか打てないので投手は下手でスローボールを投げる。打った時の走塁は代走を同じチームの中から出すことを認める。みんなで知恵を出し合い松葉杖の少年と共に野球を楽しむことを実現した。

 上記の記事は果たしてグループホームを運営する法人側とマンションの管理組合側が障碍者と共生するために真摯に話し合えたのか疑問を感じたというのが正直なところsです。
 「マンションの管理組合側は≪障害者の排除が目的ではない。営利・非営利問わず、法人が入居者を募って事業を行うことが問題」≫と主張していますが、障碍者がまとまって生活されては困る(排除したい)という本音が透けて見えます。しかし、そのような無理解が障碍者への差別や偏見を強め、相模原障碍者殺傷事件においても加害者の言い分に正当性を与えることになるのではないでしょうか。排除が目的でないというなら、マンションにグループホームがあることの不都合を具体的に出すべきでしょう。

 グループホームの使用禁止は法人側が主張するように障害者差別解消法に反している可能性があり、グループホーム使用禁止の管理規約の規定は無効となる蓋然性が高く、裁判では法人側が勝つことが見込まれます。ただ、法的な部分で正当であっても、マンション住民から疎まれている状態で生活しなければならない環境は入居している障碍者にとっても居心地のよいものではありません。
 裁判に至るまでにマンションの管理組合とグループホームを運営する法人との間でどのような話し合いが行われてきたかは不明ですが、少なくとも相互理解に努める話し合いが
なされたようには思われません。既述した通りマンションの管理組合側はマンションの2部屋が入ることについてどんな不都合があるのかを明らかにしその点が解消されればグループホーム使用を認める努力をなすべきで、また法人側も障碍者差別解消法を盾にとって障碍者を地域から排除するのかと非難めいた主張はひっこめて、住民側の懸念に耳を傾けてどのようにすれば普通の市民として障碍者を受け入れられるのかを模索するべきでしょう。
 双方納得がいくマンションにおけるグループホーム使用ルールを確立していくことが真の「障碍者と地域共生」の実現につながるものでしょう。かっての野球少年たちが松葉杖の少年をチームに迎え入れたのと同様の工夫を現在の大人たちは努力してほしいものです。