介護福祉士国家試験の解説 23 社会福祉援助技術(演習を含む)

社会福祉援助技術>
問題 27 介護福祉士が活用する社会福祉援助技術に関する次の記述のうち、最も適切なものを一つ選びなさい。

1 社会福祉援助技術を活用するに当たっては、社会福祉士の指導の下で取り組む。
2 在宅介護の場面では、間接援助を中心に取り組む。
3 生活全体との関連から、利用者の問題状況をとらえる視点を重視する。
4 援助活動の場が地域に広がり、社会福祉援助技術を活用する機会は減少した。
5 介護支援専門員業務を行う場面では、社会福祉援助技術を必要としない。

正答3

1 社会福祉援助技術を活用するにしても、あくまでも介護業務において活用されるものなので介護福祉士の指導の下で取り組むことになります。
2 間接援助技術→直接援助技術
3 正答。 利用者の問題を生活全体との関連でとらえる視点はソーシャルワークの伝統的な視点でもあります。
4 訪問介護やディサービス等では、生活上の相談に応じるなどケースワーク的援助が重視される。
5 利用者との面接におけるケースワーク、社会資源開発のためのコミュニティワークなど介護支援専門員の業務遂行においては、むしろ社会福祉援助技術は基盤となる。