介護福祉士国家試験の解説 21 障害者福祉論

問題21 障害者基本法に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。
1 障害者基本法は、「障害者の日」を定めている。
2 市町村障害者計画の策定は、努力義務である。
3 中央障害者施策推進協議会の委員は、厚生労働大臣が任命する。
4 障害者基本法は、障害を理由とした差別禁止の理念を明示している。
5 政府は、3年ごとに障害者施策の概況の報告書を国会に提出する義務

正答4

1 「障害者の日」ではなく「障害者週間」ですね。(障害者基本法第7条第1項)
  期間は「12月3日〜12月9日までの1週間」とする。
2 障害者基本法第9条第1項で策定は義務規定となっています。
3 内閣総理大臣の任命。(障害者基本法第25条第2項参照のこと)
4 正答。アメリカのADA法を参照にした部分でもあります。(障害者基本法第3条第3項参照のこと。)
5 毎年報告書を提出しなければならない。(障害者基本法第11条)
『障害者白書』がこの報告書にあたりますね。

※ 障害者基本法の基礎知識を問う内容の問題です。